2008年07月29日

甲子園出場おめでとう、頑張れ!加古川北高校

 加古川北高校が第90回全国野球選手権記念西兵庫大会を制して、見事春夏を通じて初の甲子園出場を果たしました。 加古川北高校は公立高校ですが、近年着実に力をつけ、春季県大会ではベスト8に進出、本大会ではシード校とはいえ、ダークホース的な存在でした。その加古川北高校が、西兵庫88校の頂点にたったのです。

 新聞で「加古川から初の甲子園出場を」と語る監督の記事を読んだ時、このチームはやるんじゃないかという予感はありました。甲子園出場経験もある姫路工業高校の福井薫総監督が、「加古川北の監督さんは、練習試合などで会うたびにチームづくりや練習方法などについてよく質問され、その熱心さに驚かされた」と言われているのを聞いて、なるほどとうなずけるところもありました。
 
 加古川市の高校では、加古川東高校が一昨年準決勝に進出、加古川西高校は、かって決勝戦まで進むものの惜しくも敗退。加古川市の高校にとって、あと一歩まで迫りながら本当に遠い甲子園でした。それを加古川北高校が見事成し遂げてくれたのです。加古川北高校は、昨年は3回戦で育英高校に0ー1で敗れたものの、私学の強豪と五分にわたりあいチームの可能性を感じさせるチームに成長してきました。


 今年は90回記念大会で兵庫県から2校甲子園に出場できるという幸運さもありましたが、西兵庫大会では、優勝候補の選抜ベスト4の東洋大姫路、春季県大会優勝校の社高校、強豪の市川が相次いで破れる中、準々決勝では8校中7校を公立高校が占めるという公立高校の躍進が目立ちました。


 この中で加古川北高校は、チーム打率も2割台で、特に際立った選手がいるわけではないのに、試合を重ねる度に調子をあげ、接戦を制して手堅く勝ち進んできました。これは全員一丸となったチームワークの勝利であり、本当の意味で高校生らしいチームといえます。


 決勝戦では、強打の洲本高校に1点を先制されながら、ひるむことなく集中打で逆転をし、そのまま逃げ切りました。加古川北高校の選手が甲子園出場の経験もある強敵洲本高校にぶつかっていく姿は、他校の特に公立高校の生徒にも感動と、やれば出来るんだという希望を与えたに違いありません。

 加古川北高校野球部のみなさん、甲子園出場おめでとうございます。君たちは加古川27万市民の誇りです。西兵庫大会の優勝は君たちの日頃の精進の賜物です。甲子園での初戦は福島県代表の聖光学院ですが、存分の力を発揮され、甲子園で加古川北旋風を起こされんことを願っています。