エクシード高校部の方針

ニーズに応じた高度な指導

基礎学力を固め、自分独自の学習法を身につける

 大学受験はまだ先、まだまだ勉強する気にはなれない。受験勉強はいつから始めればいいのですか。これはこの時期の生徒からよくある質問です。
 受験勉強は早ければ早いほどいいのですが、まずはこの時期確実に基礎力を固めることが必要です。いきなり難しい問題に取り組むのではなく、基本的な問題を確実に理解することが第一です。自分の学力を知り、はやく自分独自の勉強法を身につけることです。また、自分の行きたい大学を見つけなければ、勉強に打ち込むことはできません。志望校さえ決まれば、自然と勉強する気になります。「自分が何をどうしたいのか」決断に迫られるのがこの時期です。

実践力を高め、志望校へ合格

 いよいよ、受験に向けて実践力を高める時期です。基礎固めを終わらせ、受験を見据え応用問題へと移行します。センター試験を受ける人は、過去問に取り組み、志望校が決まったら、配点比率の高い科目「キー科目」に重点を置いて学習していきます。問題演習に取り組む時は、間違えた問題に繰り返しチャレンジし、集中的に補強していきます。
  「一番いい問題集は模擬試験だ」と言われるように、模試で自分の弱点をつかみ、それを克服することに全力を注がせ、志望校合格へと導きます。

得意科目を生かした合格点獲得対策

私立大学対策

 大多数の学部・学科の合格ラインは6割台。この6割台を取るためには、得意科目を軸にして5・5・8を学習の基本にして、6割台の確保を学習の基本にすればよい。
  6割台をとるためには、「5・5・8」でなくても、「3・7・8」でもいいという考えはあるが、大学側は極端な不得意科目を持つ受験生を避ける傾向にある。ある大学では、特定の科目が一定の点数に達しないと、選考の対象にしないとして、基準点を設けている。 この基準点は「特定科目の全受験者の平均点」か「配点の4割」にするケースが多い。例えば同志社大学の法学・経済学部では、英語(200点満点)に80点(4割)の基準点を設けている。こうしたことを踏まえて、苦手科目であっても、ある程度は得点できる基礎力をつけておきたいものです。

平成28年度大学合格実績

◎国公立大学
神戸大学
岡山大学
兵庫県立大学
 
◎私立大学
関西大学
関西学院大学
立命館大学
甲南大学
武庫川女子大学
兵庫医療大学
甲南女子大学
京都女子大学
関西国際大学
神戸学院大学


平成27年度大学合格実績

◎国公立大学
岡山大学
 
◎私立大学
関西大学
関西学院大学
同志社大学
甲南大学
武庫川女子大学
大阪工業大学
神戸学院大学
京都女子大学
関東学院大学


平成26年度大学合格実績

◎国公立大学
北海道大学
鳥取大学
帯広畜産大学
 
◎私立大学
関西学院大学
武庫川女子大学
甲南大学
大阪工業大学
東海大学
神戸学院大学
京都外国語大学
姫路獨協大学
酪農学園大学
倉敷芸術科学大学


平成25年度大学合格実績

◎国公立大学
九州大学
筑波大学
兵庫教育大学
岡山大学
兵庫県立大学
岡山県立大学
 
◎私立大学
同志社大学
関西学院大学
関西大学
武庫川女子大学
甲南大学
甲南女子大学
大阪工業大学
近大姫路大学
神戸女子大学
親和女子大学
佛教大学
神戸学院大学
関西福祉科学大学
兵庫大学


過去5年間の主な進学先

◎国公立大学
神戸大学
兵庫県立大学
広島県立大学
岡山大学
熊本大学
神戸市立外国語大学
兵庫教育大学
神戸市立看護大学
 
◎私立大学
関西学院大学
関西大学
同志社大学
同志社女子大
神戸女学院
神戸女子大学
甲南大学
甲南女子大
神戸学院大学
武庫川女子大学
神戸学院大学
関西福祉大学
関西外国語大学
京都産業大学
大阪工業大学
摂南大学
神戸薬科大学
大阪音大
法政大学
東京理科大
岡山理科大
麻布大学


エクシード塾長コラム
エクシード講師募集中