2017年01月17日

 冬期講師研修会で感じたこと

 エクシードでは、春期・夏期・冬期と全体講師研修会を行っています。
 研修会では、授業の技法・教科指導法・生徒への対応のしかた・講師としての自己評価・生徒アンケートからの自己分析などをすることにより、講師としての資質を磨くべく研鑚に励んでいます。
 また、全体研修会だけでなく、教科別研修・単元別研修なども行っています。
 今回は研修後に書かれたレポートの一部を紹介します。


@M.K(関西学院大学在籍)
 ◇エクシードの講師になって
 私はエクシードの講師になり2年目になりますが、わかった時にうれしそうな顔を見せてくれる生徒が増え、講師という仕事はこんなに楽しいものかと感じるようになりました。
 時には悩むこともありますが、生徒の笑顔をみると本当に嬉しくなります。教える能力やコミュニッケーション能力をあげるだけでなく、この楽しさを知ることができ、エクシードの講師に なってよかったと感じています。
 
AM・S(武庫川女子大在籍
 ◇次回からの授業で留意すべきこと
 今日の研修で、私は授業を進める中で授業とブレイクタイムのメリハリのなさを痛感しました。また、初めて授業を見る生徒や、あまり心を開こうとしない生徒にたいして興味を持ってもらえるような導入ができるようになること。
 応用問題などの難しい問題でも、しっかりと予習して、質問されてもすぐに答えられるように教材研究をすること。たとえ自分の体調がすぐれなかったり、プライベートでいやなことがあっても生徒の前では明るくすること。
 そして、講師キャプテンとして、生徒を指導することだけでなく、講師をいろいろな面でひっぱっていけるように頑張ってきたいと思っています。


BY・W(兵庫県立大学在籍)
 ◇今日の講師研修会で感じたこと
 今日の研修で、エクシードの講師として再認識したこと、新しい発見がたくさんありました。
 塾長や他の先生方のお話を聞き、この塾をよくしたいという熱い思いや、教える立場としてのあり方を学ぶことができました。エクシードの講師としての意識をしっかり持って、アルバイト感覚を持つことなく、生徒から自然と慕われる講師になりたいと思いました。


CY.S(兵庫県立大学大学院在籍)
 ◇エクシードの講師になって
 教科書に書いてあるようなことをそのまま教えるなど、『味気ないような授業』をしないように心がけている。僕は本を読んだり、インターネットで調べるなどの習慣が身につき、自分の知識の幅が広がった。また、一つの問題に対し何通りも教え方を持っておくことで、生徒それぞれに応じた指導ができると思うので、もっと知識を得て、その生徒にあった指導をしていきたい。


DY・N(関西学院大学在籍)
◇次回からの授業で留意すべきこと
 私はエクシードの講師になり、2年が経とうとしています。生徒との距離は近くなり、いつでも明るく楽しい授業ができるようになったと感じてはいます。しかし、注意すべきことをきちんと注意できないといったように「親しく接する」ことはできても、「厳しく指導する」ことが私には足りてないように思うので、これからの自分の課題として気をつけたいと思っています。また、わかりやすい授業を極めていきたいです。


EH・K((兵庫県立大学在籍)
◇今日の講師研修会で感じたこと
 今回の研修で、私はまだまだ生徒と向き合えていないと感じました。授業中でも授業前でも自分のことで精一杯になってしまい、とにかく授業はしっかりしなければならないと思えば思うほど生徒のニーズを考えることなく自分勝手にしてしまったと思います。
 講師としてはただ生徒の成績を上げるために働くのでなく、勉強に対するやる気を出させるなど、求められているのは何なのかをしっかり考えて行動しなければならないと反省しました。
 

2012年05月14日

新任講師研修会に参加して

□エクシードに講師として関わるようになって、初めて「講師」とは何かということを具体的に考えるいい機会になりました。
 講師研修を始めて1か月くらいに経ちますが、生徒に対してどのような心構えで接すればいいのかがこの研修を通じてよくわかりました。昨日までの講師の私とは意識が変わったので、一刻も早く生徒にとって「よりよい先生」になりたいと思いました。

 

□今日の研修会に参加して、改めて生徒との距離感が大事であることを痛感させられました。自分の教えるという意識の低いせいで、やるべきことができていなかったことがたくさんありました。
 塾長や他の講師のこの仕事への熱意や思いを感じて、僕も高い意識を持って生徒のためにできる限りのことをやっていこうと思いました。
 また、講師として大切な、あいさつ・笑顔・元気を常に意識して、生徒に力を与えられるよう頑張ろうと思いました。

 

□この研修会で、私は自分の自覚の甘さを痛感しました。生徒から見れば講師の経験あるなしにかかわらず、先生は先生なので常に自覚をもって、生徒に接し、行動するようにしようと思います。
 また、生徒の学習に対する意欲・考え方を変えていくためには、まずは自分が変わっていかなければならないと思ったので、自己を内面から徹底的に変えていこうと思いました。
 今、自分に足りないのは新人らしくさわやかにあいさつをし、気持ちを切り換え、生徒との距離を短くしていくことだと思います。
 今日のこの研修会に参加して、直すべきところをなおして、「素敵な講師」になれるようこれからも頑張っていこうと思いました。

  

□研修で授業を行い、だいぶ慣れてきて落ち着いてできるようになり、そんな中での今回の研修は、私には至らないところだらけだと痛感しました。
 塾長のお話を聞いて教育ということの本質を改めて知り、教育に対する塾長の情熱にも感動しました。
 この研修で私は、講師という立場を理解し、生徒を指導することに対して覚悟が生まれました。

  


□私は今回の研修会に参加して、本当にまだまだ力不足なことばかりだったんだなーと改めて思いました。中学の授業内容が増えたこともあり多少不安なこともありますが、研修を終えたこの何週間、できるようになったところもたくさんあるので、頼れる先輩方の講師になれるよう頑張っていきたいです。

2011年08月16日

授業研修リポート

 今日僕は先輩講師の授業を見せていただく機会がありました。

 僕はエクシードの講師になって1年が過ぎようとしています。この1年で僕はコニュニケーション能力を磨くことができたように思います。生徒に対してただ機械的に勉強だけを教えるのではなく、学習に対して一緒に取り組んでいくことにいくことによって人と人とのつながりについて考えることができるようになりました
 

 そんな中での授業研修でしたが、多くのことを学ぶことができました。先輩は、生徒が問題を解くことに飽きないように集中力が切れそうなタイミングで生徒に話しかけていました。それに、公式などを教える時も、「何のために覚える必要があるのか」を言うことによって生徒に目的意識を持たせることができた点が素晴らしいと思いました。
 

 また、生徒が問題を解いている間に指導記録を書いたり、プリントを作ったりと無駄な時間を作らずに、生徒が何もしていない時間を無くすことが自然にできていた点は僕にはできていなので、これからは意識していきたいとも思いました。
 

 生徒一人一人の進度を把握できていないと、効率よく授業をすすめることができない上に、生徒との会話や目的意識の向上も難しくなってくるので、まずは生徒を知ってから授業に取り組むと同時に、自分が教えることに入りすぎないで、すべてに生徒に目を配りながら、できるだけ生徒に集中できる環境を作って行きたいと思いました。

 
 講師2年目では、生徒一人ひとりに工夫した授業内容ができるよう、何がベストなのかを考えて実行できるできるようになりたいと思います。

 
 僕にとっては初めての授業研修でしたが、実に実りのある授業研修でした。

                         宝殿教室理系講師

 

2010年09月06日

エクシードの講師になって

 今日、先輩の講師の授業を見学させていただきました。授業は入り方が大事なんだなと感じました。授業の入り方がよいと、生徒のモチベーションや勉強意欲も高くなり、生徒がイキイキと勉強しているように思えました。
 

 生徒は講師の取り組みや意欲を敏感に察知し、それに応じた反応をするので、常に明るく元気に接しなければならないと思いました。塾長がよく言われる「明るさ・元気・笑顔」を常に心に留めて大切にしていこうと感じました。


 ◎留意しなければならない点
  ・よい授業の入り方をする。
  ・リラックスする時と、集中して問題を解く時の切り換えをきっちりする。
  ・宿題の大切さを教える。
  ・問題を解かせっぱなしにするのでなく、細かく声をかけ理解度をチェックする。
  ・余談をいいタイミングで入れ、アイスベーキングさせる。
  ・生徒の学力に応じた問題を選び、解かせる。


 僕は講師として、アルバイト感覚でなく、一講師として生徒に接していきたいと思います。そして、生徒は「教わる喜び」を、僕は「教える喜び」を共有し、生徒と生産的な関係を築きあげ、僕の人間力を高めていきたいと思います。

                             講師になって2ヵ月F・M(神戸外大)

2009年11月06日

塾長の授業を見学して

 先日、宝殿教室で塾長の社会の集団授業を見学させていただく機会に恵まれました。私は別府中学の中3の社会を担当しているので、この日の授業は大いに参考になりました。また、感心させられることも多くありました。
 
 まず驚いたのは、中3生徒の中間試験の平均点が、学校の平均点よりも20点も上回っていたことです。塾長が別府中2年の社会を指導しておられ、その生徒の平均点が89点だったということは聞いており、授業の凄さは想像できたのですが、実際に授業を見ると、驚きの連続でした。
 

 まず塾長は、目先の受験勉強だけでなく、先を見すえ、派生的な知識をも植えつけていき、生徒に「社会」という科目自体に興味を持たせていました。
 公民分野は苦手としている生徒が多いのですが、現在の政治と照らし合わせて生徒にとって親しみやすいように工夫がされていました。

 また、授業中に入る余談が絶妙で、ブレイクタイムの働きと、知識を植えつける働きをしており、生徒にとっては余談が単なる余談でなく、すべて勉強になっていました。
 
 塾長の授業は常に生徒との対話関係が成立しており、一方的に話す時間がほとんどありません。塾長は絶えず生徒に発問し、生徒も授業に参加する形をとっておられます。塾長はアトランダムに生徒に発問するので、生徒にとってはいつ指名されるかわからず、集中して塾長の言うことを聞いています。見ている私も緊張し、塾長の授業に引きずりこまれました。
 

 また、絶対的な情報量と知識量に基づき、テストに出題されるポイントを的確につかんでおり、目に見える形で生徒に指導力をアピールしているため、生徒からの信頼も厚いものがあります。
何よりもよかったことは、生徒が嬉々として授業を受けていることでした。よく塾長は、学ぶ入り口は「楽しさ」と言われますが、その「楽しさ」の上に、競争する意識の高さがあり、生徒にとっても理想的な授業だと思いました。


 私も今日の授業を参考にして、塾長の授業に少しでも近づくためスキルを高め、教える心を磨いていきたいと思います。 
              講師キャプテン

2009年08月21日

エクシードの講師になってよかった

 私はエクシードの塾生でなかったため、すべてが初めてで、最初は不安ばかりでした。しかし、塾長をはじめとし、気さくで面白い講師の方々に教えていただいたおかげで、少し慣れてきました。
 
 何より塾生が「先生」と言ってくれたり、私の説明に対して元気よく返事をしてくれることが嬉しくてしかたがなかったです。また、塾生の笑顔にすごく励まされました。勉強する意味・楽しさはもちろんのこと、人として大切な「あいさつ」を学べるのもエクシードならではです。あいさつは元気よく、生徒のやる気を起こさせる授業ができるようがんばっていきます。

 
 他の先生の授業を見て感じたことは、どの講師も生徒に伝わりやすい口調で話していて、生徒に飽きがこないような授業をしていました。問題においてポイントとなるところ、分からなかったところは問題文の傍にメモさせたりして、復習の時に目がつくような工夫がなされていました。そして、それぞれの生徒に合ったペースで授業も行われ、生徒からの質問に対する対応もものすごくはやかったです。

 
 私は先に問題を解かせ、後で解説するという授業形態をとっていたのですが、生徒が問題を解いている間の声かけの回数をもっと増やすべきだと感じました。
 そして、生徒から質問をされた時の対応をはやくし、分かりやすい説明ができるよう自分を磨いていきたいと思います。

 
 塾長は講師にとってまず最初に大切なものは「あいさつ」「笑顔」「元気」と言われました。私はこれを一番に考え、プラスのエネルギーを生徒に伝えたいと思います。

 
 

2009年08月03日

講師になって1年

 以前塾長からお借りした「スーパー講師への道しるべ」は塾講師の私にとってまさに『目からウロコ』の驚くべき本でした。
 その本から学んだことと先日の講師研修で学んだことをまとめてみました。
 
 講師にとって大切なことは、「講師自身が勉強により知識を高める」ことです。これは「先生が勉強熱心であることは大切なことだ」と研修でも言われましたが「学ぶ努力」は講師にとって重要だと思います。

 
 次に講師にとって必要なものは、「教えるための引き出しの多さ、考え方」です。私の場合、参考書などで予習をしっかりして教え方を考えますが、どうしても難しく考えすぎて行き詰まってしまうことがあります。これは講師仲間に聞くことでいいヒントを得ることがあります。また、生徒からも「このように考えればいいんじゃないですか」、と逆に教えられることもあります。講師とともに考え、生徒とともに考える。これがエクシードのよさではないでしょうか。

 
また、私は授業の組み立てを大切に考えています。生徒は部活などで疲れているので、授業の入りは特に重要です。塾長も最初の5分と最後の5分は大切だとよく言われます。私は生徒が飽きないための工夫がかなり足りていないと思います。研修でも、ただ単に問題を解かせるのではなく、問題の重要性を伝えてやる気にさせるため、上から順に解かせるのではなく、重要な問題問題から解かせ、その中に含まれる基本の重要を知らしめる。生徒によって理解度・到達度・解く速さは違うので自分で試して向上させたいと思います。

 
 次に必要なことは「リーダーシップ」です。生徒に「今日はどこをしよう」などと問いかけることは決していいこととは言えません。生徒の弱点を把握した上で選択肢を提示するなどの工夫が必要です。生徒の意思を尊重しつつ、講師が主導して授業を引っ張っていくことが大切です。

 
 最後に上記のどれよりも重要なことは、「講師が魅力的な存在であること」です。生徒はただ単に勉強するするために塾に来るのではなく、人間同士の触れ合いを求めて塾に来ています。私にはまだまだコミュニケーション能力が不足しています。生徒にマメに話しかけ、生徒に関心を伝えることからスタートしようと考えています。その際、ワンウエーになるのではなく、話題を選んでいろいろな側面から生徒に接することが必要です。
 
 「こどもはテイーチングマシンではなく、人間に会いに来ています」魅力ある存在になれるよう改めて頑張りたいです。
 
                           香山洋佑
               

2009年01月17日

授業研修リポート09A

 講師になって初めての頃は教えることが精一杯で、生徒に対してきちんと向き合っていなかったように思います。最近では、生徒が「わかるようになった」「ありがとう」などの言葉をかけてもらうと一緒になって喜び、その喜びが次のエネルギーになっているような気がします。

 
 あいさつの大切さもよくわかるようになりました。生徒へのあいさつは必ず相手の目を見て、相手が気持ちよくなるようなあいさつを心がけるべきだと思います。あいさつをすることによって、生徒の表情や態度から今日の体調ややる気が伝わってくるようになり、コミュニケーションが大切だということを改めて感じました。

 
 教えることの難しさ、人と人との間にできる信頼関係の大切さなど、授業をすればするほど身をもってわかるようになりました。私自身ももっと内面的に成長しなければならないことがたくさんあるので、これからも頑張っていきます。

研修で感じたこと
 担当する生徒はそれぞれわかっていない問題や間違える問題が違うので、到達度に合わせた解説や問題の量を考える。
 生徒のやる気を引き出す言葉をかける
 生徒がわからないと言っても、すぐに教えるのではなく、その生徒にあった解法ヒントを与え、自力で解かせるように導く。 宿題や復習することの大切さを生徒に伝え、家でも勉強に対する意欲を持たせるようにする。
 

2009年01月10日

講師授業研修リポート09

 今日他の講師の先生の授業をじっくり見せていただく機会がありました。エクシードの講師となって1年近くなりますが、改めて人と接することの大変さ、人に教えることの難しさを実感しました。
 
 私だけ授業に走りすぎても生徒は内容を理解できないですし、ゆっくり進めすぎると生徒は退屈に思ってしまうので、一人ひとりの生徒にあったスピードを見つけていかなければならないことに気づきました。担当するそれぞれの生徒あったスピードを見つけ、効果的な指導をすることが私の今後の課題のように思います。

 
 授業研修で感じたことは、各講師の先生の解きはじめる前の説明が簡潔で、また復習の取り入れ方がうまく、見ている私にもよくわかりました。 また、演習問題は細かく区切って、制限時間を決めて問題を解かせているところもたいへん参考になりました。
 
 生徒に教えたことに自己満足するのでなく、その生徒がどこまで理解できているのかを口述チェックなどで確認し、授業の内容が流れてしまわないようにする。なかなか難しいことですが、それだけにやりがいがあります。
 
 授業の最後には、今日やった授業の理解度を知らせ、次に進むところについてしっかり説明し、宿題を遅くても翌日まで終えることを伝える。エクシードでは教え方が体系化されていますので、教えることに関してまったくの素人であった私も、少しは講師らしくなってきたように思います。
 今日の研修を糧にして、講師として生徒とともに頑張っていきたいと思います。
                                        A講師
 
 A講師は謙遜していますが、ある担当生徒の成績が急上昇し、塾からは「優秀講師」として報奨金が贈られたこともあります。また、中学生の全教科指導できるという強みもあって、生徒から慕われています。
 

2008年09月12日

行ってきました!無人島

 今年の夏、仲間と一緒に念願の瀬戸内海での無人島1週間生活を体験することができました。無人島には、米と水のみを持ち込み、毎日魚や貝、かになどを捕まえては焼いて食べました。蚊に悩まされ眠れないなど辛いことが多くありましたが、自分を試すには満足のいく、充実した無人島での生活でした。
 

 無人島での生活の秘訣は、「毎日目標をたてる」ことです。限られた時間の中、「今日はこれをしよう」と目標をたてることで、何となく一日の生活に「張り」が出てきます。
 

 これは勉強でも同じではないでしょぅか。いかに自分に「張り」ができる目標をたてるかが大切です。まずは目の前にある小さなことから目標にし、達成するとまた新しい目標をたてればいいのです。
 

 ボストンレッドソックスの松坂大輔投手は「目標がその日その日を支配する」という言葉を座右の銘にしているそうです。だからこそ日々の厳しい練習に励み、あれだけの成績を残すことができたのです。
 

 目標のない勉強はつらいものです。どんなささいなことでもよいので、目標を立てて実行してみましょう。そうすればきっと君の前に新しい道が開けます。 
                                
                     宝殿教室 講師キャプテン