2017年06月01日

藍ちゃん引退さびしいな

 宮里藍ちゃんが現役引退を表明した。髪を一つに結び、サッパリとした表情で会見場に臨んだ。その表情には人知れない苦悩から解放され、やりきったようなさわやかさがあった。


「自信がもてなくなった」「モチベーション保てなくなったと」というのが引退理由だという。1メートル55センチという小柄ながら、「強い気持ちで」戦いアメリカでも活躍し、ランキングは世界のトップになった。


 高校在学中で日本ツアー優勝するなどゴルフ界に旋風を巻き起こした。今の女子ゴルフブームの先鞭をつけたのは間違いなく彼女だ。
彼女の残した戦績がすごいことは言うまでもないが、人としても超一流だった。だからこそみんなに好かれ、フアンも多かった。
 

 30歳を過ぎた女性に「藍ちゃん」と呼ぶのは失礼かも知れないが、何か「藍ちゃん」と呼ぶのが一番ふさわしい。「何事もトップに、そして愛らしく、知的でさわやかな子になるように」との意味を込めて藍と名付けられたという。その名通りの人生を歩んできた。

 世界で活躍できた要因は?と問われ、 
「自分自身と向き合えたこと。米ツアーで小柄な方で、パワーもない。でもショットの精度と小技で勝負するところにメンタルトレーニングも加わって、そこが土台となって戦えた。そこがゴルフの良いところ。自分自身をコントロールして、自分のゴルフを信じることができた」


 私は藍ちゃんのはじけるような、清々しい笑顔がとても好きだった。笑顔を見ていると何か希望がわくような気がしたものだ。彼女から「やればできる」を教わったような気がするのは私だけだろうか。

 
 藍ちゃんの魅力は、「謙虚さ」だと思う。明るさの中に潜んだ冷静沈着なプレースタイルに魅せられたものだ。

 意志あるところに道は開かれる。藍ちゃんの座右の銘としてきた言葉だ。引退会見では自分で出した答えに、悔いる様子も全くなかった。「とにかく残りの試合に全力を注ぎたい。終わった後は少し休みたいです。ゴルフを通じて人生が豊かになった」。


 藍ちゃんは最後まで、清々しかった。
 そして最後に「これ以上ないゴルフ人生でした」と締めくくった。
 残念だけれど、ありがとう藍ちゃん。
 おつかれさま藍ちゃん。
 
 私の中の楽しみがまた一つ消えた。

2017年03月21日

武井壮から学ぶ

 アスリートタレントの武井壮(43)が、韓国の大邱(テグ)で開催されている『世界マスターズ室内陸上競技大会』で、室内陸上の60メートル走(M40クラス/男子40〜44歳)に出場し、世界5位に入賞した。

 
 武井の目標は「毎日成長すること」。すべての仕事が終わった後に
 “1時間のトレーニング”
 “1時間のなんらかの技術練習”
 “1時間知らないことを勉強する”

 の3つは欠かさない。
 どんなに忙しくても「毎日1時間の努力で世界とも勝負できるんだ」というのが武井壮の信念という。


  武井壮は、東京のスポーツ強豪校・私立修徳中学・高校に在籍。その6年間ずっと中間・期末テスト、全部学年トップだった。しかも「6年間通って学費は1円も払わず、100万円ぐらいもらって通っていたという。
 
 「うちの学校は成績がトップだと学費も入学金も全部タダになるんですよ。しかも1番だと月に1万何千円か、学校から教科書代みたいな、参考書代みたいな奨学金がもらえるんです」。
と武井は言う。


  大学時代、十種競技の日本選手権で優勝する実力者だったことはよく知られているが、本格的に陸上を始めたのは神戸学院大学に進学してから。
 陸上を始めるきっかけをつくったのは、友人。その友人は中学時代に100メートルを10秒台で走っていた陸上界のエリート。その彼がスポーツテストで抜群の成績を出す武井を見て、陸上部に誘ったのだという。
 

 大学では野球かアメリカンフットボールか柔道をやろうと思っていた武井は、彼の一言で陸上部に入部。いきなりの100メートル走のデビュー戦で友人のベストタイムと同じ10秒9をだした。武井の持つ十種競技の100メートル10秒54はいまも破られていない日本記録となっている。
 人並み以上の力をつけ、人並み以上の力を蓄えるのには、人並み以上の努力が必要だ。私はよく生徒に、努力とは人がしないことをすること。結果の出ない努力は努力ではない。結果が出てこその努力だ。と常づね言ってきた。


次の言葉を贈ろう。

 石の上にも三年という。
   しかし、三年を一年で習得する努力を怠ってはならない。 (松下幸之助)                                       
 努力は必ず報われる。
   もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない。(王貞治)  

2017年03月04日

うれしい手紙と不合格者に贈る言葉

 塾長へ
  推薦入試合格しました。
  なにもかも塾長のおかげです。
  面接から小論文まですべてしていただいて、ほんとうにありがとうございました。
  塾長は私にとって神様です(笑い)
  エクシードに通ってほんとよかったです。        
 

 塾長へ
  2年間ありがとうございました。
  塾長のおかげで第一志望校に合格することができました。
  成績が伸び悩んだ時も支えてくれてありがとうございました。
  私はエクシード生でよかったです。

 
 これは高校の推薦入試に合格した生徒から手渡されたうれしい手紙だ。これには私の似顔絵や手づくりのチョコレートなどが添えられていた。
 しかし、一方では合格できなかった生徒もいた。でも、「塾長ダメでした」と言いに来てくれる。そんな生徒には、結構な「大人力」が試される。
  
 「悔しいだろうけれども、何も不合格者が敗者になるわけではない。この悔しい経験は誰
  でもできるものではない。このくやしさは君の大きな財産になる。それをエネルギーにし
  てリベンジだ。」
 と私は伝えることにしている。
 

 合格した生徒の声を聞くはこのうえない喜びだが、不合格にも関わらず、わざわざ言いに来てくれる生徒の気持ちもうれしいものがある。
 
 人間、どんなにベストを尽くしても、いい結果か出るとは限らない。これは天から与えられた試練だ。試練を乗り越えて大きな人間になれ。入試は合否が発表されておしまいではない。
 それからの3年間の高校生活の過ごし方が大切なのだ。
 
 君のゴールは高校入試の合否ではない。踏まれてもけられても這い上がってこい。

 いいんだよ。泣きたいときは泣け。
                   でも大切なのは、泣き終わった後のお前が取る行動だ。
           GACKTの言葉を贈ろう

2017年01月16日

「支え」「責任」「覚悟」

箱根駅伝で3連覇し、そのユニークな指導法で脚光を浴びている青山学院陸上競技部監督原晋氏の成人式でのメッセージの一部を紹介します。
 

 私も、今こんにちは箱根駅伝3連覇、3冠の駅伝監督となり、少しだけちやほやされていますが、現役時代はそんなに立派な男ではありませんでした。実業団選手としては5年でクビを宣告された男です。箱根駅伝も私は走ったことはありません。指導者実績も全くありませんでした。サラリーマンだった中国電力時代も約300人の同期入社の一番底辺にいた男でした。


 しかし、ある日、ふと思ったのです。人を恨んだり、ねたんだり、憎んだりしても仕方がないのだと。前向きにチャレンジしていくからこそ未来が開けるものなのだと、そういうふうに思いました。
 常に今与えられたものに対して精一杯努力して、今できることの理屈を考えながら、半歩ずつ努力を積み重ねてきたところなのです。ここに参加されている全員が努力したからといって夢開くものでは決してないと思います。しかし、努力をやめた瞬間に自分の夢は立ち消えます。どんな小さな努力でもいいですから、自分の夢を忘れることなく精一杯夢に向かってチャレンジしていだだきたいと思います。


 最後に、皆さんを支えるための、皆さんが成長するための3つのキーワードについてお話しして締めくくりたいと思います。

     「支え」「責任」「覚悟」です。

これまで多くの人に支えられたと思います。これからも社会が君たちを支えていきます。しかし、一歩ずつ半歩ずつ成長していく中で、今度は君たちが社会を支えていくように努力をして下さい。そして責任です。何も最初から大きな責任を抱え込む必要はありません。今できるほんの些細なことに対して責任を持って努力をしていって下さい。そして最後に覚悟です。何をするにも覚悟を持って挑戦していけば、できるできないは別として“ここまで俺はやったのだ”ということが、自分自身へのご褒美に変わってくるのだと思います。

 

2017年01月08日

「1年の計は元旦にあり」

 この言葉はまず計画を立て、実行せよ。1年の計画は年の初めに立てるべきであるということをいうものです。
 
 正しくは「一日(いちじつ)の計は朝(あした)にあり、一年の計は元旦にあり」と言います。


 勉強において、最初に計画を立てることは重要なことです。
 まず計画を立てる(PLAN)⇒実行する(DO)⇒評価する(CHECK)⇒改善する(ACTINO)
このPDCAサイクルをまわすことで、スムーズに進めることができます。
 

 自分のたてた目標を「達成するぞ!」と強い気持ちを持って出発し、ぜひ皆さんの目標を達成して欲しいものです。
    

   目標がその日その日を支配する(後藤静香)
 横浜高校野球部元監督の渡辺元智さんが座右の銘としていたこの言葉。ソフトバンクの松坂投手もこの言葉を支えとしていました。
 

  目標は誰でも立てることはできます。しかし目標を見返すこともなければ、見直すこともない。それでは目標を立てた意味がありません。 
覚悟をもって取り組むことです。自分なりに目標を設定し、覚悟が決まればその日に行う勉強の内容も違ってくる。成功している人は明確な目標を持ち、目標を達成しようと死にもの狂いでつき進んでいます。 
 

  鳥のように自由に空を飛びたいなんていうのは勝手だけど、
    鳥が飛ぶためには何万回翼を動かしているか、よく見てごらん。
                       (北野 武)
この言葉は「努力なしに手に入れられるものはない」という意味だと思うのですが、
自分をもう一つ上のステージに上げるのは目標と努力です。 
「目標」と「努力」この2つの言葉を胸に刻んで2017年頑張りましょう。

2016年12月29日

時代を憎めど、人を憎まず

慌ただしい年の瀬に実にうれしいニュースが入って来た。


 安倍総理がハワイの真珠湾を訪れ、オバマ大統領とともにこの地を「日米の和解の象徴」にしたいと訴えた。
 また、両首脳が真珠湾で生き延びた元アメリカ軍人に歩み寄り、握手をし、抱き合ったシーンは特に印象的だった。
 

安倍総理の演説を聞いた元米兵は、「歴史的な瞬間だった」とインタビューに応えるなど、好意的に受け止める声が多く聞かれた。
 つらく悲しい時代を背負って、体験しているからこそ出た心からの声。
  「誰が悪いというんじゃ、時代が悪かったんだだから、謝らなくてもいい。」
 意味深い言葉だった。


戦争を知らない今の世代の人が謝罪をしても、ただ謝りに謝るだけだと思う。そんな中でできることは何だろう。その答えが元米兵のインタビューの中にあったような気がする。

過去の過ちは残るが、過去をいつまでも引きずらないで、これからの未来をしっかりと見据えなければならない。日米両国が成熟した関係であることが分かる象徴的な出来事であった。
 

近隣のある国は、さかんに謝罪を求めるが、謝るとか謝らないということは問題ではない。戦争の被害者は勝った国、負けた国問わずにいるのだから。
 かつて、あれほどの激しい戦争をした国同士がここまでの関係を築けるなんて、なかなかできるものではない。


いつまでも負の遺産をお互いに背負って行くことはない.
今回のことが両国にとって今以上素晴らしい友好関係につながっていくと私は確信している。


2016年08月10日

リオに咲いた希望の花 池江璃花子15歳

 オリンピックという大舞台で、希望の花を見た。その選手の名は池江璃花子。水泳界で近年成長著しい選手ということは聞いたことはあるが、こんなにすごい選手だとは思わなかった。それが、リオでは泳ぐたびに記録を更新させ、日本新記録も連発させた。


インタビューでも、「緊張している」と答える、まだあどけない高校1年生。若さの勢いと体力はあるものの、物おじせず、落ち着いており、予選で出した記録を準決勝・決勝で更新するには相当強い精神力があると思う。


普通であれば会場の雰囲気やプレッシャーで押しつぶされてしまうのに。特にオリンピックは他の国際大会に比べ、選手も国の威信をかけて相当入れ込んでくる。仮に絶好調であったにしても、冷静にレースに臨めない。それをいとも簡単にやってのける。それもまた彼女の持って生まれた天性のものか。
 

自己ベストを更新して臨んだ100mバタフライの決勝。50のターン後加速した彼女は一時3位まであげてきたが、ラストで力尽き56秒86でフィニッシュ。しかし、3位との差はわずか0秒23の4位。
 

でもレース後のコメントに驚かされた。「56秒台を目標にしていたので、メダルには手が届か来ませんでしたが、自己ベストが出せてうれしいです。」
 結果以上に、彼女の潜在能力の高さを見せつけてくれた。
これを書いているうちにもオリンピックの吉報がドンドン入ってくる。うれしい限りだし、次回の東京オリンピックが楽しみだ。

2016年07月28日

おもてなしの心

 元気だけが取り柄の私だが、授業を終えたある日、授業記録を書こうとしたら文字が右に流れて思うように書けない。これはおかしいと思い、翌日脳外科で診てもらうと脳梗塞だと言われた。MRIを見ると脳の左側の血管に血の塊が見られ、即日入院と決まった。
 
 幸い血の塊は、毛細血管にあったので重篤な症状ではなかった。点滴と投薬を2日ぐらい続けると文字も書けるようになり回復の兆しは見られた。しかし、安心するも束の間。脳梗塞を起因とした偽痛風により、足の関節に激痛が走り、歩くのもままならない。それも痛みが左の足の関節から右足の親指のつけ根と足首に移り、痛みはなかなかひかない。

 脳梗塞で入院したにもかかわらず、同じ病院の整形外科に通わなければならない始末、ほんと大変だった。2週間で退院できたものの、痛みはまだ完全にひかない状態だが少し和らいできた。
 
 この入院生活で楽しかったのは看護師や理学療法士、作業療法士の方々との触れ合いだった。病室には多くの看護師さんが血圧を測ったり、お通じの具合を聞きに来たりするのだが、その時いろいろな話が出てくる。自分の主人の趣味、子どもの成績、看護師の仕事のことなど。私の一番のお気に入りは年配の看護師さん。 「細井さん。おはよう。よく眠れた?」朝一番その声を聞くとなんだか元気が出そうな気がした。これぞ「ホスピタリテイ」。心からのおもてなし。おもてなしに心が加わると、「ホスピタリテイ」になる。深い心地よさが加わることで信頼・安心感そして感動が生まれる。
 
 入院前、ゴルフ場でのレストランの昼食。私は農家生まれなので、出されたものは、すべてきれいに平らげる。小さい頃かそうしつけられていた。すると30代であろうか、ウエイトレスが笑いながら「きれいに食べていただいてありがとうございます」何とも心地よかった。
 
 また、自宅近くの喫茶店。ここは1ヶ月に一度くらいしかモーニングを食べに行かないのだが、ドアを開けると、心のこもった声で元気よく「おはようございます」これまたなんとも心地よいウエイトレスの声ではないか。
 
 ある日、テーブルの上の箸を床に落としてしまった。私がそれを拾おうと椅子を下げた時、椅子を下げる音を聞くやすぐ、新しい箸を持ったウエイトレスが現れて「どうぞ」。私は落ちた箸を拾い上げ、それをナプキンで拭いて使おうとしたのだが、それよりもはやく、ウエイトレスは新しい箸を持ってきた。

 こんなさりげない心遣いやサービスがどんなに人の心を和ませることか。同じサービス業に携わっている私たちにとって心や気持ちを込めたサービスで心地よい空間づくりをしたいものだと思う。 

2016年06月18日

努力の天才イチロー

42歳の年齢をものともしないで、野球と真剣に向き合っている「努力の天才」イチロー。 
彼によれば、
 小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところに行くただ一つの道                             だという。

 そんな彼があのピート・ローズを超える通算4257安打という大記録を打ち立てた。
 
 私が特に印象に残っているイチローの言葉を紹介したい。

 
 努力せずに何かできるようになる人のことを「天才」というのなら、僕はそうじゃない。
努力した結果、何かができるようになる人のことを「天才」というのなら、僕はそうだと思う。
 人が僕のことを、努力もせずに打てるんだと思うなら、それは間違いです。
僕はいつも一生懸命プレーしていますが、今日はよい結果が出なかった。
でも、だからといって後悔もしていないし、恥ずかしいとも思っていません。
なぜなら、できる限りの努力をしたからです。
どんなに難しいプレーも、当然にやってのける。

 
 これがプロであり、僕はそれにともなう努力を人に見せるつもりはありません
ハイレベルのスピードでプレイするために、ぼくは絶えず体と心の準備はしています。
自分にとっていちばん大切なことは、試合前に完璧な準備をすることです。

 
 やれることはすべてやったし、手を抜いたことはありません。
常にやれることをやろうとした自分がいたこと、それに対して、 準備した自分がいたことを誇りに思っています。 
 準備というのは、言い訳の材料となり得るものを排除していく、そのために考え得るすべてのことをこなしていく。
プロ野球選手は、怪我をしてから治す人がほとんどです。
しかし、大切なのは怪我をしないように、普段から調整することです。怪我をしてからでは遅いのです。
 試合開始が遅れることを聞いて寝ました。こういうときのために自分の枕を持ってきています。
  
 特別なことをするために特別なことをするのではない、特別なことをするために普段どおりの当たり前のことをする。
特別なことをするためには、普段の自分でいられることが大事です。
しっかりと準備もしていないのに、目標を語る資格はない。
手抜きをして存在できるものが、成立することがおかしい。
練習で100%自分を作らないと、打席に立つことは出来ません。
自分の形を見付けておかないと、どん底まで突き落とされます。
練習で作った形を100%としたら、70%や80%の力で結果を出さないといけません。

 
 そりゃ、僕だって勉強や野球の練習は嫌いですよ
誰だってそうじゃないですか。
つらいし、大抵はつまらないことの繰り返し。
でも、僕は子供のころから、 目標を持って努力するのが好きなんです。だってその努力が結果として出るのは、うれしいじゃないですか。
アップの時には全力で走るとか、早く来て個人で練習しているとか、そんなことは僕にとって当たり前のこと。

 
 実戦でないと、できないことがあります。一瞬の判断は、 練習では養われません。
同じ練習をしていても、何を感じながらやっているかで、ぜんぜん結果は違ってくるわけです。
 やらされる練習じゃなければ、いろんなことが、うまくまわってきます。今自分がやっていることが好きであるかどうか。
それさえあれば自分を磨こうとするし、常に前に進もうとする自分がいるはず。
汚いグラブでプレイしていたら、その練習は記憶には残りません。
手入れをしたグラブで練習をしたことは、体に必ず残ります。
記憶が体に残ってゆきます。

 
 やってみて「ダメだ」とわかったことと、
はじめから「ダメだ」と言われたことは、違います。
キャンプでいろいろと試すことは、ムダではありません。
ムダなことを考えて、ムダなことをしないと伸びません。
結果を出せないと、この世界では生きていけません。
プロセスは、野球選手としてではなく、人間をつくるために必要です。
何年、野球をやっても、 勉強することがあるのです。
はじめから、今があったわけではありません。状況は少しずつ変えていけるものです。
  
 「準備」を怠らず、「努力」「継続」をひたすら重ねる炎の人イチロー。この言葉教え子たちに語り続けていきたい。

2016年03月31日

やっぱり甲子園はいい!

 「春はセンバツから」と言われるように、桜の開花に合わせたようにセンバツ高校野球が開催された。球児たちに青春の息吹を感じ、私もこの時期になるとワクワク気分がもうおさまらない。


 春の甲子園大会の面白さは、優勝校の予想がつきにくいところにある。戦前、誰しもが大阪桐蔭高と愛知の東邦高を投手力と総合力で優勝候補に挙げていた。
 ところが、今日の決勝戦は奈良の智弁学園高と高松商業高だった。結果は延長の末、智弁学院高の鮮やかなサヨナラ勝ちで終わったが、決勝戦にふさわしく白熱したいい試合だった。
 

 このセンバツ大会で特筆すべきは兵庫の2校。明石商業は念願の甲子園初出場だったが、試合を重ねるうちに本来の力が出てきて、なんとベスト8にまで勝ち進んだ。ベスト8の試合でも、伝統校で甲子園常連校である平安高校と延長戦まで戦い、敗れたものの互角の展開、実にさわやかな戦いぶりだった。
 

 また、21世紀枠で出場した長田高校の健闘も素晴らしかった。長田高校は兵庫県の中でも進学校として知られ、練習時間は2時間ぐらいと限られているのに練習に工夫に工夫を重ね文武両道を貫き、甲子園に出場を果たした。まさにこれこそ「高校野球」「高校野球の鏡」だ。
 

 この両校は公立高校であるところにも意義深いものがある。強豪高校ひしめく兵庫にあって、公立高校でも『やればできる』んだということを証し、それは多くの公立高校野球部員にどれだけ大きな勇気を与えたことか。
 

 私はよく生徒に「なせば成る」という言葉を伝えてきた。そして、「努力は必ず報われる」と努力することの重要性も伝えてきた。野球と学習塾、立場は違っても「努力」は同じこと。
 私どもの塾では、今年公立高校受験で全員が第一志望の高校の合格を勝ち取った。これは今までにない快挙。ご父兄の方からお礼の言葉をたくさんいただいた。その中で、特に印象に残っている手紙を紹介したい。
  

 塾長先生へ
  娘を第一志望の高校に合格させていただいてありがとうございます。わがままな娘だ
  ったので随分ご迷惑をおかけしたことと思います。
  娘は中1.2年と反抗期が激しく、先生方の指導も大変だったと思います。でも、こ
  うして第一志望校に合格すると、娘は「やったことは必ず結果になって表われる」と
  実感したことと思います。エクシードに通わせて本当によかった。
  高校に入っても週2回通わせようと思いますので、ビシビシ鍛えてやってください。
  今後ともよろしくお願いいたします。
 

 私たちはこのような言葉に支えられ、日々指導に励んでいる。今年はなんと70%近い中3生徒が高校に入っても通塾してくれるという。

 生徒の喜びの顔を見ると、すべてが忘れ去られすがすがしい気持ちになる。私の天職はこれだと思う瞬間でもある。