2018年05月01日

「京都龍馬会」のメンバーになりました。

DSC_0104%20%28800x450%29.jpg

 私たち高校時代の友人4人が集い、月に一度ゴルフと飲み会を行っている。これはもう10年近くにもなるだろうか。高校の同窓会で35年ぶりに会った旧友が趣味が一致したこともあって、月に一度会ゴルフをやろうじゃないかということになった。そんなら飲み会もやろうということで、ゴルフとは別の日に神戸や京都で飲んだあとカラオケを楽しんでいる。

 カラオケは「高校三年生」で始まり、「高校三年生」で締める。「高校三年生」は我らが青春の歌そのものだ。会では高校時代の話に花が咲いて、歌も高校時代の歌や故郷の兵庫出石のうたが定番で青春のノスタルジーにしたっている。


 そんな会が今回京都であり、あの池田屋事件の跡地にある居酒屋「池田屋」で飲むことにした。京都だというのに、ここのほっけは姿かたちも大きくアブラものっている絶品。これ以上のほっけは見たことも無く食べたこと無い。
このほっけ食べに訪れるのは二度目になる。いつしか我々の間では、京都といえばほっけの池田屋ということになってしまった。


 カラオケでさんざん歌いまくった後、本能寺の跡地を見学し、木屋町の商店街をぶらついていた時にふと目にしたのが「龍馬」の看板。店の名前から坂本龍馬に心酔する人かゆかりのある人がこの店を開いているんだろうなと思い、店に足を踏み入れるとビックリ。

そこはまさに龍馬ワールド。出迎えてくれた店の主人は龍馬を想わせる総髪 にはかま姿 。友近似の奥さんは着物がよく似合う京美人。また、良子という名は龍馬の妻おりょうを想わせる。店には龍馬関係の資料がズラリ。私にとってはここはまさに宝庫。更に嬉しかったのはここが「京都龍馬会」の事務局で、総髪姿のご主人は理事長だということだ。


 京都龍馬会の会員は300名以上にのぼる。会では龍馬やそれをとりまく幕末の研究しながら、セミナーを開いたり、龍馬ゆかりの地に碑を立てるなどの活動をされており、た私はすぐに会のメンバーに加えていただいた。
 

 私の学生時代は70年安保の時代。学園紛争に参加したこともあり、当時の友と夜を徹して酒を飲みながら世の中の不合理・不条理を語り、明治維新の志士を気取っていたものだ。その中で司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読んで、龍馬という人物を自分なりに徹底的に研究した。
 私は龍馬の好きな言葉がある。
 「事は十中八九まで自らこれを行い、
          残り一・二を他に譲りて功をなさむべし」

 事をなすには自分で8割をこなし、後の2割は他人にゆずってこそ大きな成功は収められるということだと自分なりに解釈しているのだが、この言葉まさに龍馬の生き様を語ったものだと思う。
 

 ペリー来航に衝撃を受けた彼は「このままの日本ではダメだ」と立ちあがり、幕府を倒して、天皇中心の国家の樹立の必要性を痛感し、新しい日本を切り開くため、命がけで改革をすすめ大政奉還という大変革を日本にもたらした。


 目を世界に向けながら、一度も海外に踏み入れることも無く、志半ばで暗殺されてしまった。
龍馬がもし生きていれば、どんな明治維新になっていただろう。彼の言動からすれば、自らは決して政府の一員に加わらなかっただろうし、国を挙げての公武合体の考えから将軍慶喜をも新政府に加えようとしたにちがいないと思うのだが‥‥


「竜馬が行く」はこれまで11回読み返したが、もう一度読み返してみよう。そして「龍馬」で酒を飲みながら坂本龍馬をみんなと語ろう。また、京都に行く楽しみが一つ増えた。 

2018年04月02日

東京デイズニーシーに行ってきました

014.JPG


002.JPG


 わが塾では毎年中3生が受験を終えると、その慰労もあって東京デイズニーリゾート旅行を行っている。この旅行は開塾以来ずっと続いている恒例のイベントでもある。
 

私は昨年不覚にも脳梗塞を発症し、この旅行には参加できなかった。そのこともあってまだ足の痺れなどの後遺症はあるものの、何とか今年は参加することにした。それは生徒の喜ぶ顔を見て癒されること。そしてそんな生徒とのコミュニケーションをより深めるいい機会だからだ。


しかし、貸切のバスは満席で乗れることもできず、新幹線でデイズニーシーにむかった。
デイズニーシーの入り口で生徒達と合流し、さあ入場だと思った時、一人の女子生徒がベソをかいている。なんでも手にした入場券が風に舞ってどこかに飛んでいったということだ。しかたないから追加の入場券を購入し、落とした事情を係員に説明し全員が入場を果たした。

係員によれば拾得した人がいれば、総合案内に届くはずだと言う。まず、届くことなどありえないとあきらめきっていた私たちだが、なんと30分後には失くしたはずの入場券が届けられていたのだ。
私は日本人(届け手くれた人は日本の方)のモラルの高さに感動してしまった。そして日本人の一員である自分を我ながら誇れるものがあった。


そんな気持ちの高ぶりもあってデイズニーシーを満喫できた。園内で多くの塾生と会い食事をし、また多くのアトラクションに乗って久しぶりに童心に返った。メリーゴランド・コーヒーカップなどからレイジングスピリッツなどの絶叫マシンにも乗って心地いい疲れによいしたった。園内を一緒に回った生徒と講師や途中で出会った生徒ともたくさんの写真を撮り、携帯の中はその写真でまさにワンダーランド。


あるアトラクションでは、外国人グループに話しかけられ、英語で会話に応じている講師に頼もしさを感じ、私も中に入ってつたない英語で話しに応じ、大盛り上がり、最後はみんなで記念写真を撮った。
デイズニーはいい。まったく見識の無かった人でもすぐに仲間のように話せる。私も転んだ幼児をすぐにおこし、頭をなでた。傍らの両親はうれしそうに頭をさげた。そんなコミュニケーションを普通のようにとれるデイズニーはいい。


ここに来ると日常を忘れさせてくれ、子どもだけでなく大人までもが楽しめる工夫がなされている。ミッキーが手を振ると同じように手を振って応え、ダンスをすると同じようにダンスをする。それがごく自然のように。


また、ただ単にお客さんに園内を歩かせるのでなく、ワクワクさせる工夫がなされており、所々に隠れミッキーがおり、それを探すのも楽しい。
スタッフもよく鍛えられており、特に掃除は行き届いている。ゴミを見かけることはほとんどない。われわれが落としたポップコーンもものの1分もしなううちに無くなっていた。


最後の「炎と水の水上ショー」にもど肝をぬかれた。ショーの仕掛けとスケールの大きさ。そしてこれでもか、これでもかと打ち上げられる花火の華やかさと鮮やかさ。


 来年も来るぞ!そのため一年間頑張るぞ!

 そう心に叫んで私のワンダーランド・デイズニーシーの一日は終わった。

2018年03月26日

卒業生に送る言葉

毎年多くの卒業生に贈る言葉を求められるのだが、今年は次の言葉を贈る
ことにした。


必死に生きてこそ、キミの人生は光を放ち

努力のうえに君の花は咲く 


  道は自分でつくるもの
   道は自分で開くもの
   人の作ったものは
   けっして自分の道にはならない
 

 1でなく、オンリーワンになろう。
 YOU CAN DO IT
          〔きみならできる〕

2018年01月25日

ほほえましい光景

 毎朝8時ごろ、住まいのマンションの玄関近く、高校に登校する女生徒と母親の姿を見ることがある。二人はまるで姉妹のように弾んだ声で話をしながら、母親は手をふって「いってらっしゃい」と娘を送り出し、娘が「行ってきます」とマンションをあとにする。

母親は娘が通りの角を回り後ろ姿が見えなくなるまでじっと見送っているのだ。なんともほほえましい光景じゃないか。


 いつしか私はこの二人に朝会うことが楽しみになってきた。母親と娘さんの「おはようございます」ハキハキとしたあいさつを耳にするのも心地よい。何かこちらも朝から元気をいただいたようですがすがしい気持ちになる。この二人からはほのぼのとした家庭の様子が思い浮かばれる。


 今、日本では「道しるべのない時代」「しらけの時代」を向かえている。マンションの住人であってもあいさつさえしない人もいる。「無機質な時代」と言えばそうかもしれないが、人と人とのつながりが希薄である。そのなかにあってこの親子にはいっぷくの安らぎを感じる。


 私たちは自分の心を高めるために何をすればいいのだろう。とりあえず私は働こう。仕事に真正面から向き合い、一生懸命働くことで心を鍛えよう。

 私は子どもたちに
心の備わっていないものに真の学力など身につくはずもない。
学ぶものにふさわしい心を磨こう。

と訴えてきた。その教えがだんだんと実を結び、すばらしい学習空間が形成され、すばらしい学習成果も出てきている。


 でも、まだまだ。初老の体にムチうって『生涯現役』子どもたちの指導にかかわっていきたいと思っている。

2018年01月15日

星野仙一さん逝く

 「燃える男」「闘将」と呼ばれた星野仙一さんが4日に急逝した。私はもともと巨人フアンだったので、たえず星野さんとは敵対関係にあったのだが、それにもかかわらず大の星野フアンだった。


 それは中日の投手であった時、全盛期の巨人の王・長島に逃げることなく闘志むき出しで挑んでいく姿が強烈に印象に残っており、これぞプロ野球という感じで、そんな姿を見るのが「メチャクチャおもしろかったし、好きだった」からだ。


 私が高校野球の監督を務めた14年間は、星野さん範としていた。自分の夢を部員に語り夢が実現できるようる自分にも厳しく、部員にも厳しく指導にあたっていた。何かを成し遂げるには「自ら燃える人」でなければならない。自ら燃えるためには、自分がしている野球を心から好きになり、甲子園に行くという明確な目標を持ち、夢を語らねばならない。それが部員心をつかみ、ひきつける力と牽引力となる。そういう考えがあってのことだった。


 星野さんのすごいところは、ミスをした人間を責めない心の広さだ。北京オリンピックで日本チームの監督をしていた時、準決勝宿敵の韓国戦でGG佐藤が平凡なレフトフライを落球したことをきっかけで試合に負けてしまった。この時日本チームの監督をしていた星野さんは一度もGG佐藤を責める言葉を発さないばかりか、翌日の試合で彼を先発メンバーで使った。星野さんの男気と優しさを感じたシーンでもあった。

 しかし、これは監督になってからのこと。中日の投手時代、巨人戦でショートの宇野選手が平凡なボールを頭に当てた時、グラブをグランドにたたきつけ悔しがっていた姿が思い出される。あれも星野さん。これもまた星野さん。だから「メチャクチャおもしろかったし、好きだった」


殿堂入りパーティーの席上では
 「私の恋人は野球です。愛して愛して愛しています」
 「だからこそ、野球界全体。子どもたちの底辺拡大。高校、大学、社会人も結集して、野球界がひ とつになっていくことを後押ししたい」
 「プロもアマもない。野球界(全体)と考えれば底辺も拡大する」と熱く語っておられる姿が目に焼き きついている。
  くしくもこれがラストメッセージとなってしまった。


 弱小チームの楽天を震災の翌年に日本一に導いたのも星野さんだ。日本シリーズ最終戦に前日160球投げて負けた田中将大選手に、最終回に登板させたのも星野さんらしい。

情緒的な言葉で送りたくはないが、星野さん夢と感動を本当にありがとうございました。

野球をこよなく愛した星野仙一さんは私が惚れた男の中の男です。

2017年11月17日

うれしい知らせ 

 先日、うれしい知らせを受けた。元塾生でもあり、学生時代、わが塾の講師として勤しんでくれていた女性がひよっこり手みやげをもって塾に現れた。彼女は教員採用試験に合格したという吉報を持ってきてくれたのだが、なぜかもじもじしている。

その女性の手招きを受けて一人の男性が現れた。それを見てまたビックリ。彼もわが塾でのかっての講師であり、今は小学校の教員ををしている。二人は大安の日の今日入籍をすませたのだという。
 

 この二人、かって講師であった時、熱心に塾生の指導にあたってくれ、とても人気があった。だから彼らこそ教員になるには最適の人物だと思っていたのだが、二人とも最初の教員採用試験には合格できなかった。だが、常勤講師をしながら二度目の採用試験で合格を勝ち取った。


 この経験は、後々の教員生活で生きてくるのではないだろうか。人生はそうすんなりといくものではない。つまずきを経験したことにより、教員という仕事を見つめなおし、先生になるのだという気持ちはますます膨らんで、それが大きな肥やしになったに違いない。
 
 子どもたちにも気落ちせずに頑張れば、結果は必ずついてくるということを身をもって伝えることができる。ある意味貴重な経験だったろう。特に女性は、特別支援の教職の資格をとるためわざわざ大学院まで進んだ。その熱い思いが通じたのだと思うとこれ以上の喜びはなかった。
 

 今、学校は完全なブラック職場で、小学校教員の3人に1人が「過労死ライン」(月30時間の残業)を超える長時間労働を強いられている。その中に飛び込んでいる若いカップルに頑張れとエールを贈りたい。
 

 私の家には彼女がバレンタインデーに手作りチョコにそえ、「いつもお世話になっています」と私にあてたメッセージが、かわいらしい女の子の絵とともに残されている。

2017年09月28日

魔法の言葉

 先日、保護者の方から電話を頂いた。今日授業担当の講師へお礼の言葉を伝えたいとのことだっ
 た。
 何でも授業を受けた子どもさんが、嬉々として帰宅し、「今日の授業めっちゃようわかった。授業内
 容忘れんうちに、今から図書館に行って勉強してくるわ」と出かけていったという。


 この生徒、口数も少なく、あまり感情をあらわさないタイプの子だけに、子どものあまりの変貌ぶり
 に大いに驚いた母親だった。 

母親によればその講師が、宿題点検する前に「どこかわからなかったところなかった?」と声をかけてくれ、
「わからんとこどんどん質問しーよ。」
「わからんことは恥じゃないよ。わからんとこほっておいたら積み残しが増えるだけやん」
「だから遠慮せんとどんどん質問しいや」


  その言葉が俄然子どもさんのやる気を促したと言う。われわれからすれば、子どもたちにいつも
発している言葉で特にお礼を言われほどの言葉ではない。しかし、その生徒にとって
  はその言葉が自分を変える“魔法の言葉”だったのかもしれない。


  私たちは子どもたちの心に響く“魔法の言葉”を発することで、子どもたちが動き始め、手
 が届かないと思っていた大きな願望や夢に立ち向かおうとする。


  “魔法の言葉”は日常の何気ない言葉の中にもあるのだということを知らされ、
 言葉の持つ重さを知らされ、改めて大きな役割を担った仕事についているのだと思わされた一本
 の電話だった。

2017年08月26日

公立の雄、大阪の大冠高校

 埼玉の花咲徳栄高校の優勝に終わり、広陵高校の中村奨成選手の大会新記録の6本塁打にわいた今年の甲子園だったが、その甲子園にほんのわずか届かずに涙をのんだ高校があった。


 その一つが、大阪の大冠高校。名前から私立高校かな思ったのだが、何と高槻市にある公立高校だという。ユニフォームは上から下までまっ白。左胸に黒い文字で縦大きく「大冠(おおかんむり)」と書かれている。これは、7年前に私立高校に敗れ、「初心に帰るため」と全身白に統一した。


この高校が大阪大会の決勝戦まで進出し、春のセンバツの優勝校、大阪桐蔭と対戦した。
公立高校であるため、練習時間は3時間半。他の部と共用のグラウンドでは、週2回程度しかフリー打撃をできないため午前6時半からの朝練を実施した。

 
 「大阪で勝つには打つしかない」就任21年目の東山宏司監督(55)の練習の7割はバッテイング練習に費やした。

 大冠には”10種類の素振り”というメニューがある。これは10種それぞれに体重移動やインサイドアウトのスイング軌道など、目的を定めてスイングする練習だ。

 バットも長尺、短尺、打ち込み用の重量バット(金属)、鉄のバット、さらに不要になったバットに針金を巻きつけたものなど、何種類かのバットを使い分けながら、平日は1000本、土日は2000本の素振りを続けてきた。


 「ストライクは全て振れ」
これはかって甲子園を騒がせた池田高校の蔦監督を彷彿とさせるものがある。
 試合は終盤まで1点を争う展開となったが、大阪桐蔭が底力を見せつけ、8回裏に5点を挙げて10対4と一気にリードを広げた。

 スタンドの観客も「ここまでか……」と思った。しかし、大冠の選手たちには誰ひとりとして試合をあきらめる者はいなかった。6点を追う9回連打を重ね4得点をあげ猛追したが、あと一歩及ばなかった。


 しかし、プロ注目の選手がいるわけでもない大冠高校の13安打8得点はセンバツ王者に引けを取らない打力だった。
 今回のレギュラーメンバーを見ても、大半は中学校の野球部に所属していた軟式出身者。
 エースの丸山選手は中学時代は一塁手兼投手の選手だった。東山監督が振り返る。
「いい選手はあちこちの私学に誘われて、丸山は言わば残っていた子。その丸山がこれだけ投げてくれた。ここまでの高校2年半でこの成長は本当に嬉しい」


 「バッティングを掲げてきたウチの野球はできました。ただ、結果として甲子園に連れて行ってやれなかった。気持ちのある子がそろったチームで、厳しい練習にもついてきてくれた。私に力があれば、勝ち切れたかもしれなかったのに……」
日差しに照らされ続けてきた東山宏司監督の褐色の肌が、これまでの長い道のりを物語っている。


 「悔しさは全然ない。全力でやり切った」
 大阪桐蔭とガチで打撃戦をした、府立大冠無理高校の選手のさわやかな声が耳朶の底に今も響いている。

2017年08月24日

機内で熱唱!松山千春

 「いったい、いつになったら飛ぶんだ…」。保安検査所の混雑で1時間以上出発が遅れ、乗客のイライラが最高潮に達した新千歳空港の機内に、あの松山千春の伸びやかな歌声が響いた。


 松山千春はこの便に偶然搭乗しており、機内の険悪な空気をすこしでも和らげようと自分から乗員に申し出たのだという。このサプライズに、乗客は大喜び。
松山千春もすごいけれど、それを許可した航空会社もまたすごい。


 普通、セキュリテイ上認められない行いだろうが、機長の粋な計らいで歌うことが許された。
 松山千春は自己紹介の後、、キャビンアテンダントが使用する受話器型のマイクを手に「滅多にこんな事はないんです。皆さん頑張ってますから、もう少しお待ち下さい」などと語りかけ、機内の乗客のため「大空と大地の中で」のワンフレーズを歌った。


 最後に、あの独特のトーンで「皆さんのご旅行が、またこれからの人生が素晴らしいことをお祈りします。もう少しお待ち下さい」と、機長やキャビンアテンダントに代わって謝罪した。
この神対応に、乗客からは拍手が起き、ムードが一変。彼がマイクを取ったわずか2〜3分で機内の空気は穏やかになったという。


 乗客の一人は「歌が終わると、機内は拍手と歓声に満ち溢れ、遅延していることへのいらだちなど 吹っ飛んで行きました。松山さんの粋な計らいのおかげで、『松山千春さんも待っているのだから』という気持ちになり、旅の最高のエンディングにもなりました」


 航空会社によれば、歌手が機内で歌ったというのは聞いたことがない。まれなケースだとのこと。
松山千春も「歌い出して40年たつけど、CAのマイクで歌ったのは初めて。出しゃばったことしちゃったけど、『何とかしないと』と思った。機長さんもよく許してくれたと思う」とラジオ番組で話した。

 私は松山千春の曲が大好きで、カラオケでもよく歌う。特に「大空と大地の中で」や「窓」を歌う時は特に気持ちが入る。

 あの風貌と間逆のすばらしい感性と心意気に酔いしれながら。今日も気持ちを込めて歌おうか。

 「いつの日か 幸せを 自分の腕でつかむよう」


2017年08月18日

故郷、出石での”炎”の学習合宿

0038.jpg 

今年初めて、中3生徒の学習合宿を実施した。これは夏休みの集中的な学習を通じて、学力の向上や、学習意欲を高め、自主的に学習に取り組む習慣をつけること。集団行動を通じて受験生として進路の意識を高めることを目的として行ったもので、塾生には3日間で24時間の勉強を課した。
場所は私の故郷の豊岡市出石町にある「一輪亭」。


 この「一輪亭」は民家を改造したもので宿泊することもできた。。友人がそこの世話役をしており、高校の同窓会で使用したこともあった。そんなことから私は塾生をここに連れてきて、山の中の自然に触れながら勉強に集中させようと考え総勢72名で奥山と呼ばれる地域で合宿することにした。


 奥山には、住人は7名だとか。男子生徒が宿泊した公民館の隣には朽ち果てた廃屋があった。その廃屋は屋根は一部崩落しているものの表札や洗濯機、物干しさおなどそのままに残されており、外からわずかに見える家の中は昔私が住んでいた家そのものだった。驚いたことに、元の住民が鉢植えで栽培していたであろうプチトマトは赤い実をつけており、私はそのひとつを口の中に入れた。


 合宿では生徒に厳しさを求めた。テストが合格点に達しないと合格するまで再テストを繰り返した。はじめは合格点に達しない生徒が多かったのだが、だんだんとその数は減っていった。でも生徒の中には、午前0時に再試験を受けた者もいた。「教育とは意識づけだ」と信じて疑わない私だが、生徒はよくそれを実践したと思う。


 2日目の朝、5時前に目覚めた私が散歩に出かけようとすると、2人の女子生徒が玄関に立っていた。何でも5時に再試験をするから宿泊所に来いとのことだったが、それを言った講師はいない。どうしようかと困り果てていたのだと言う。そこで私が代わりに即席テストを行い、2人とも合格した。そのときの2人のうれしそうな顔といったら。
昼食は出石そばの食べ放題。地域の人が総出でもてなしていただいた。女の子があまり食べなくたくさんあまってしまったことが残念。でも、どの生徒もおいしい、おいしいと食べてくれたことがうれしかった。


 最終日は合宿で皆が楽しみにしていたバーベーキュー。玉ねぎ・ピーマンなど地元の野菜などに加え但馬牛やマスなどの魚もおいしかった。台風通過の雨の中勉強を終えた生徒がはちきれんばかりのにぎやかさ。その熱気からか雨も去り、メインイベントのスイカ割り。生徒の大きな歓声が山中に響き渡った。
帰りにはおにぎりなどいただいてバス乗ると爆睡。なんとも心地いい疲れだった。


 帰ってから生徒が書いた合宿の感想文を読むと、うれしい言葉が多く見られた。

 夏合宿では、長時間勉強しました。最後にテストがあると思うと、がんばろうと思いました。すごく集 中できたし、いままで難しいと思っていた問題を解けるようになりうれしかったです。食事の時とか、寝る時とかいろんな子と仲良くなれたし、BBQとかスイカ割では、全員で思いっきり笑って楽しめた なと思いました。


 合宿はとても疲れたけれども、とてもいい3日間でした。塾長から「今年の3年は受験の意識が低すぎる」と言われ、自分もそう思いました。合宿ではやさしい民家の方に勉強をする環境をつくって いただき、今まで以上にとても勉強しました。そのおかげで苦手だった一次関数ができるようになり ました。食事は毎回お腹いっぽいになるほど食べました。とくにバーベキュの肉はとてもおいしかっ たです。

 
 はじめは友達できるかな、勉強についていけるかなと不安なこともありましたが、合宿が始まり 友
だちもたくさんできて、不安なことはなくなりました。Aクラスだと言われた時は、ついていける自信がなかったのですが、先生方がわかるまで教えてくださり、わからなかった関数の面積も求めることができるようになりました。
  
 合宿は3日と短い間でしたが、私は人間として成長したように思います。この合 宿に参加して本当によかったと思いました。

 最初は友たちがいなくて合宿に行くのが不安でしたが、でも行ってみると友だちができてすごく楽し い合宿になりました。この合宿で覚えてことを塾でも学校でも生かしていきたいです。


 今生徒は真ん中に「感謝」と書いた色紙に、それぞれの思いを書いている。色 紙は合宿をした「一輪亭」に送るもの。

 来年も出石に行こう。そう思った私でした。