2019年10月10日

「われは草なり」

            「われは草なり」

われは草なり
伸びんとす
伸びられるとき
伸びんとす
    伸びられぬ日は
    伸びぬなり
    伸びられる日は
    伸びるなり
     ‥‥‥


   高見順さんの有名な詩の一節である

  この詩は草の一生懸命さを歌ったものである。
  読むたびにジーンと心にしみこんでくる。
  草という、定められた人生だけれども、それに不平不満言う事無く、懸命生きている。
  そして来年はもっと豊かな深い緑になれるよう、根を地下深くまで張り、たくさんの栄養を
   吸収して、懸命に生きる。
  その草が、また他の生き物の生きる糧になるように…

  
そして最後にこう歌っている
 

    ああ生きる日の
    美しき
    ああ生きる日の
    楽しさよ
    
    われは草なり
    生きんとす    
    草のいのちを
    生きんとす

  
  私たちは『懸命に生きる草』でありたいものだ。