2008年09月24日

ありがとう!王監督

 ソフトバンクの王監督が今季限りの退任を発表しました。何かプロ野球の一時代が終わったようでさびしい限りです。引退会見での王監督は、病のこともあり、頬がこけていましたが、目は少年のようにキラキラと輝いていました。そこには生涯の仕事を成し遂げた男の姿が見受けられました。


 王監督と言えば、通算本塁打868本の世界記録、一本足打法、ジャイアンツのV9などいろいろあげられますが、決して順風満帆の野球生活ではありませんでした。春の甲子園で優勝した彼は投手で4番。鳴り物入りでジャイアンツに入団しましたが、新人の頃、打撃を買われ打者に転向しました。しかし、打席のほとんどが三振で「王、王、三振王」とまで言われました。
 

 しかし、当時の荒川コーチから伝授された一本足打法で彼の才能は開花しました。私は一本足打法を会得するため、真剣の日本刀で天井からつるしている和紙をスパと切っている当時の王選手の練習姿をテレビで見たことがあります。時には真剣の上をはだしの足で歩くなど、技術と精神の修養にとつめました。このような修養もあって一本足で立つ彼を小学生が力いっぱい押してもびくともしなかったというエピソードさえあります。

 
 「天才の長嶋、努力の王」とV9当時は言われました。当時私は長嶋の方が好きでした。派手なパフォーマンスと「ここで打ってくれ」と思うとき、長嶋はどんなにフォームを崩そうと打ってくれたからです。ある時、王選手が顔面にデッドボールを受け、担架で運び出された後の打席で、長嶋は見事ホームランを打ちました。


 でも、最近は王監督の方が好きになりました。万年最下位であった福岡ダイエーホークスを数年の間にパリーグを代表するチームに育て、日本シリーズを2回も制しているのです。福岡ダイエーホークスも初めの頃は、弱小球団でなかなか勝てず、球場には「王、頼むからやめてくれ」という横断幕までも見られ、帰りの選手のバスに卵を投げつけられるなどの屈辱を何度も味わっていたのです。しかし、彼はひるみませんでした。なんとか福岡になじもうと、食事は球場近くの「居酒屋」「焼き鳥屋」などに足繁く通い、フアンの人たちとひざを交えるようにしたのです。こんな努力が実り、チームはだんだんと強くなりました。マリナーズの城島・フイリーズの井口彼らは王監督の愛弟子です。


 イチローは言います「王監督は記録だけでなく、人柄、器の大きさ、懐の深さで野球界でも数少ない、尊敬できる先輩です。」WBCで王監督から出場要請を受けたイチローは一発返事で出場をOKしたそうです。『この監督のために頑張ろう!』WBCではそんな悲壮な決意が漲っており、見事優勝することができたのです。
イチローは更に『王監督と同じ空間で、時間を過ごさせてもらったことは私の宝物だ』とさえ言っているのです。言うイチロー然り、言われる王監督然りです。


 野球人としても一流・監督としても一流、人間としても一流、王監督をそう評したいと思います。
 王監督お疲れ様でした。とりあえずはゆっくりお休み下さい。そして、もし私のわがままが許されるなら来春のWBCの監督お願いできないでしょうか。
王監督は、インタビューで「自分は幸せ者だ」と言われてましたけど、私たちこそ本当に幸せでした」
 

2008年09月09日

あの塾に行きなさい

  「エクシードに行きなさい」これは何の面識もない、商売敵になるある塾の先生が生徒とその保護者に発した言葉でした。
 「うちの塾ではのばしきれません。エクシードであればきっと伸ばしてくれます」私は自分の耳を疑いました。入塾を希望する生徒の前で、その母親は淡々と語ってくれました。
 

 見知らぬ同業者が、自塾の生徒に転塾をすすめ、しかも「エクシード」と塾までも指名してくれているのです。確かに、その生徒の成績は決していいとはいえません。しかし、そんな生徒を学習指導を通じて元気づけ、明るくし、やる気を出させ、自信をつけさせる。それが私塾に課せられた使命だと思い、それに生きがいを感じていた私にとって考えられない言葉でした。


 生徒の層は、自発的に努力する生徒20%うまく指導すれば努力をし始める生徒60%最後まで努力することの尊さを気づかない生徒20%に大別されます。個別指導では、上位10%、60%、下位10%をボリームゾーンとして、それぞれの層の生徒に、学力に応じた指導を提供します。つまり生徒を見放すということはあり得ないのです。

だから「エクシードに行きなさい」には正直驚かされました。しかし、同業者にすすめられるということは、それだけ存在価値を認められているということで喜んでいいのでしょう。若い講師と杯を酌み交わしながら話は大いに盛り上がりました。


  「塾と学校の担う役割はどう違うんですか」講師からの質問がありました。「学校」は生徒のヤル気を評価するところで、「塾」はヤル気を引き出すところと私は即座に答えました。
 

 学校はただ単に生徒を評価すればいいのですが、塾はそうはいきません。生徒は塾に来ることによって、成績があがった・勉強が面白くなってきた・やる気がでてきた・勉強の方法がわかったなど何らかの変化をもたれさなければなりません。これが大きなアピールとなるのです。 
 生徒がとことんわかるまで説明して「わからせる」ことは私たちの役割で、理解したことを自力で解いて「できる」ようになって生徒ははじめてホンモノの学力が身につくのです。


 『塾づくりは人づくり』塾に生徒が集まるかどうかは、塾のブランドやシステムよりも『人』によります。その『人』が、自分を磨き、理念に沿った指導を如何に貫くかにより塾の存在価値は高まると思うのです。それだけに学ぶことの誠実さも必要です。私たちはご父兄のニーズを的確に捉え、生徒が「この塾に来てよかった」そう思える塾でありたいのです。


 最後に「エクシードに行きなさい」と言われて、うちの塾に来た生徒、2カ月近くで学年順位を80番近くあげました。これはエクシードメソッドによるものです。